国際協力実践コース

特徴

  • 4〜6ヶ月間の海外研修で身につける実践力。2年生後期に実施される途上国でのフィールドワーク。気候はもちろん設備も日本とは全く条件の異なる環境で活動します。プログラムの前半は熱帯農業について、現地スタッフから直接指導を受けます。後半は国際協力の現場実習や現地調査を行いながら、学生それぞれが決めたテーマに沿って個人研究を実施します。
  • 現場で使える語学を学ぶ英語基礎集中プログラム。入学した直後からはじまる英語基礎集中プログラム。少人数制で個人のレベルに合わせて授業を構成。英語をどれだけ知っているのかではなく、英語をどれだけ話せるかに焦点を置き、コミュニケーション能力を育んでいきます。またクラスには留学生もいるため、異文化交流を通じて多様な価値観をまなぶことができます

発展途上国における国際協力の多くは農村。農業科目と豊富な農業実習は本校の大きな特徴でもあります。さらには4〜6ヶ月の海外研修で熱帯農業や植林を体験します。プロジェクトの現場で国際協力のマネジメントや語学・熱帯農業を身につけ、国内外で活躍できる人材を目指します。

カリキュラム

  1年次 2年次
一般科目
  • 英語Ⅰ
  • 農業会計学Ⅰ
  • 情報処理Ⅰ
  • 化学Ⅰ
  • 英語Ⅱ
  • 農業会計学Ⅱ
  • 情報処理Ⅱ
  • 化学Ⅱ
専門科目
  • 国際協力論Ⅰ
  • 環境学Ⅰ
  • 国際関係論
  • 作物栽培学Ⅰ
  • 比較文化論Ⅰ
  • 国際協力論Ⅱ
  • 異文化理解
  • 比較文化論Ⅱ
  • 熱帯有用技術論
  • 環境学Ⅱ
  • 実用英語
  • 作物栽培学Ⅱ
  • 卒業研究
実習・他
  • 農業実習Ⅰ
  • 国際協力農業実習
  • 課題研究Ⅰ
  • 農業実習Ⅱ
  • 国際協力現場実習Ⅰ
  • 課題研究Ⅱ
  • 国際協力現場実習Ⅱ
  • 国際協力農業実習
  • 農業機械基礎

※は選択科目

海外研修

海外研修は、オイスカ開発教育専門学校における最大の教育プログラム。

本校独自のこのプログラムは、2年次後期の4〜6ヶ月間にわたる発展途上国での国際研修です。 気候はもちろん、設備も、日本とは全く条件の異なる環境で活動します。 現地の習慣や文化に従うことで、学生たちは様々なことを感じ、発見し、学びます。

フィリピン(ミンダナオ島):全員での基礎研修を2ヶ月実施、その後は個々の目的に沿った研修を行う→1.ミンダナオ島・北サンボアンガ大学、2.ネグロス島・バゴ研修センター、3.インドネシア・スカブミ県

写真:ヤシ油抽出作業
ココナッツからヤシ油抽出。洗剤やバイオマス燃料への使用用途があります。

写真:子供の森支援小学校で生徒と学生の記念写真
フィリピンの子供の森支援小学校を訪問。

写真:黒板を見る学生
スピーキングを重要視した少人数の授業。

水道もガスもない場所で過ごす4〜6ヶ月間。本当にたくましくなって帰ってくる。

水道もガスもない。そんな環境のなかで行われる途上国での4〜6ヶ月の研修。

自分で行動しないと何もできないと感じたとき、学生は本当に変わります。

日本にいるときは控えめだった学生も、自発的に行動するようになり、現地でプロジェクトを立ち上げて帰ってきたりもする。帰ってきたときは本当にたくましくなって、自身に満ち溢れた顔つきになっています。

あなたも現場に飛び込んで、現地の人たちとともに汗を流してみてください。その経験は、きっとあなたの財産となるはずですから。

国際協力実践コース 主任
神谷 守保

語学が心配、英語力を伸ばしたい!方はこちら(外部サイト)

講師紹介

写真:清水 理先生

国際協力実践コース特別講師 清水理 先生

国際協力論
国際協力とは国境を越えた援助・協力活動のことですが、本当の意味での援助に正解はありません。

与えられた環境で何ができるか何を考え何を為すかが最も重要なことです。講師が実際の経験を話しながら学生間で話し合い学びます。

<経歴>

JAみっかびに就職後、みかん栽培、経営指導などに従事し、「三ヶ日みかん」をブランドとして確立させ、1993年以降は、農林水産省の要請を受け、ブラジル、ボリビアで熱帯果樹や柑橘の栽培技術開発、栽培指導を行ってきました。

  • AICAF(社団法人 国際農林業協力協会)登録専門家
  • 農林水産省 常緑果樹農業研修所講師
  • 静岡県立農林大学校 非常勤講師
  • 東京農業大学「生物産業マイスターセミナー」非常勤講師
  • 浜松市奥浜名湖田園空間博物館総合案内所チーフ
  • 「みかんの里資料館」企画・運営グループ代表
  • 元JICA派遣専門家(果樹栽培)

年間行事

  • 写真:海外研修で植林する男子学生

    海外研修
  • 写真:フォークリフト運転講習する男子学生たち

    フォークリフト運転講習
  • 写真:農業機械研修をする男子学生

    農業機械研修
  • 写真:対面販売実習をする男子学生たち

    対面販売実習
4月
  • 入学式・新入生歓迎会
  • 農業機械基本研修
  • 茶摘み実習
5月
  • フォークリフト運転技能講習
  • 社会見学
6月
  • 田植え実習
  • めひるぎ祭(学園祭)
7月
  • 前期試験
  • インターンシップ(短期)
8月
  • 夏季農業実習
  • インターンシップ(短期)
9月
  • 2年生海外研修・国内研修
    (長期インターンシップ)開始
10月
  • 稲刈り実習
11月
  • フォレスターズスクール
  • みかん収穫実習
12月
  • 冬季農業実習
1月
  • 2年生海外研修・国内研修終了
2月
  • はままつグローバルフェア
3月
  • 卒業式
  • 後期試験
  • 春季農業実習
  • 小型車両建設機械特別教育
  • 写真:みかん収穫実習をする女子学生

    みかん収穫実習
  • 写真:稲刈り実習をする女子学生

    稲刈り実習
  • 写真:顔出しパネルで記念撮影

    社会見学
  • 写真:茶摘み実習をする女子学生たち

    茶摘み実習

オイスカ開発教育専門学校 > 国際協力実践コース

ページの先頭へ戻る