国内研修が続いています!

国内研修が続いています!

photo:the_title()

◆暑い残暑が続いていますね。朝晩には雨が降ったりと、蒸し暑い残暑ですが、この期間にも本校の国内研修が進んでいます。
本校の学生たちも、それぞれの受け入れ先にて、貴重な経験を積ませてもらっています。
今回、8月21日から26日までの一週間、浜松市南区にあります「農業法人 京丸園㈱」様に、本校の学生が研修に行かせていただきました。
あらゆる人々が就労できる「ユニバーサル農業」を基盤とし、障害者および高齢者等の農業就労に取り組む農業法人です。
今回、学生も従業員の方々のご指導の下、作業に加わらせていただきました。

170825_1656

※スタッフの方々と一緒に。(中央が学生です)

彼にとっても、新しい作物の栽培過程を見ることができて、目でも身体でも勉強になる実習になりました。

こちらには、本校の卒業生もお世話になっております。

従業員の方々の目線になって考えてくださる会社で、多くの実習生の研修受け入れにも力を入れている会社です。ブログ等で拝見させていただきましたが、月一でスタッフさんのお誕生日をお祝いしたり、研修終了時には温かいお言葉をいただけたりと、日々の節目を大切にしている温かさが伝わってくる会社ですね。

「京丸園」の皆様、学生がお世話になり、ありがとうございました!

■京丸園株式会社

京丸園

水耕栽培により京丸ブランド「姫みつば」「姫ねぎ」「姫ちんげん」を全国出荷し、福祉を取り入れて農業を活性化させる「ユニバーサル農園」として各方面から大変注目されている農業法人です。

水耕施設(100a)や田畑(120a)で、JGAP認証農場(※)として工程管理を行っています。70名余りのスタッフは、約3分の1が障害者の方です。JAを通じた全国出荷で年間総売上高は約3億4千万円に達します。

 

※JGAPは、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証です。

 

◆本校の学生たちは、研修受け入れ先に恵まれています。まだまだ未熟さがある彼たちですが、一つ一つ丁寧に温かくご指導頂き、心から感謝致します。9月も続く国内研修ですが、気持ち引き締めて取り組みましょう。

 

オイスカ開発教育専門学校 > 新着情報 > 国内研修が続いています!

ページの先頭へ戻る