農場の様子 〈 稲刈り編 〉

農場の様子 〈 稲刈り編 〉

photo:the_title()

◆先々週末に通過した台風は静岡県の御前崎から上陸し、本校のある浜松市にも大雨や突風を撒き散らせて行きました。
強い風とともに雨も多く、先々週に稲刈りをしてハザにかけた新米が振り落とされ、増水した田んぼ水に浸かってしまっていました。
天日干ししたいのですから、ただでさえ雨はご遠慮いただきたいのに、田んぼ水に落ちて浸かっている状況はほっとけません!
台風の警報解除と共に、すぐさま、落ちた稲のハザ掛けが始まりました。
水を含んだ稲は本当に重くて持ち上げるだけでも一苦労ですが、専門学校学生に隣接のオイスカ高校の留学生たちも手伝ってくれて、一通りの田んぼのハザ掛けが終りました。これからいっぱいの陽射しを浴びて、美味しい新米になることでしょう!楽しみですね♪
有志としてお手伝いに駆けつけてくれた高校生さんたちに感謝です。ありがとうございました!

◆今日は久しぶりの青空!台風前後からずっと雨続きですので、この晴れを上手に使って、農場及び田んぼの作業が進んでいます。

農場の野菜も美味しい時期を向かえ、収穫の時期を順番に迎えています。
今年は例年よりも雨が多いように感じますが、学生と農場先生方にたっぷりの愛情を注がれて、すくすくと成長してくれているように見えますよ。
そんな美味しい野菜収穫の体験に来てみませんか!
本校のオープンキャンパスは11月18日(土)にあります。新米が食べられる昼食も、ぜひ味わっていただけたらと思います。

参加者には美味しいお土産があるかも♪
お申込み及びお問合せ、お待ちしております。。。!

 

オイスカ開発教育専門学校 > 新着情報 > 農場の様子 〈 稲刈り編 〉

ページの先頭へ戻る