海外研修先から中間報告が届きました。

海外研修先から中間報告が届きました。

photo:the_title()

※研修先フィリピンにて養蚕の様子。

◆空を見上げたら気持ち良い青空ですが、吹き付ける風は「遠州のからっ風」だけあって、強風に冷たさがあり「寒さ」感じる浜松です。

風がなかったら暖かいんだろうなぁと思ってもみたり・・・。

学生が滞在しているフィリピンでは、未だに「夏」のままです。学生たちは夏に出発しているので、暑さ感じるまま、今もなお継続中です。

帰国は来年の1月。「冬」真っ只中での帰国となりますので、体調管理には気を配りたいと思っています。

そんな学生たちが、日常の写真をいくつか送ってくれました!

◆15キロマラソンに参加し、見事完走した時のものです。日頃から、少しずつ体力作りを心がけて、5キロ、10キロと完走距離を伸ばしてきていた学生たち。亜熱帯気候であるフィリピンにて、マラソンにもチャレンジした姿勢には、成長を感じました。IMG_1318

決められた期間の研修だからこそ、一日も、一時間も無駄にしたくない!その気持ちが伝わってきます。

語学留学として、地元の高校の英語授業にも毎日参加しています。それぞれのレベルに合わせたクラスに入り、別々の授業に参加している学生たちです。自分の力で英語を学ぶわけですが、クラスメートとも仲良く生活させてもらい、高校側のご配慮も有難く、感謝しています。

滞在している研修センターの活動にもスタッフとしてお手伝いしています。日本からの参加者さんたちと一緒に植林活動をしたりと現地だからこそできる対応を学んでいます。

いろいろな環境の中、会話は英語、日本とは違う文化の中での生活、学生たちもそのリズム・感覚を身につけことは、最初大変だったと思います。いかなる場合にも自分なりに判断することを日々身につけていっている学生たちです。

来年の帰国時が、ますます楽しみになりますね。

 

 

 

オイスカ開発教育専門学校 > 新着情報 > 海外研修先から中間報告が届きました。

ページの先頭へ戻る