国内研修・海外研修の報告会を開催します!

国内研修・海外研修の報告会を開催します!

photo:the_title()

※農業専修コースの学生たち。

◆本校の国際協力科には2つのコースがあり、国際協力実践コースと農業専修コース。どちらを選択しても「農業」について2年間学びます。

午前中は主に座学にて「作物栽培学」「環境学」「農業会計学」「国際協力論」「英語」など、コースにて多少変わりますが授業があり、午後からは農場にて実践的な農業実習に入ります。農地の整備から種撒、追肥、栽培・管理を経て収穫・販売と、一つ一つの野菜の成長に携わり、一通りの実践実習にて学んでいきます。

野菜や花の苗作りに稲作、静岡ならではの茶作りにみかん狩りと、温暖な浜松での「農業」にも携わります。

国際協力実践コースでは研修先を海外に、そして農業専修コースでは国内に研修先を決めて、実践学習に取り組みます。今年度も、学生たちがそれぞれに決めた研究テーマに沿っての研修が昨年の秋から始まり、今年の1月に修了します。

研修についての報告会を下記日程にて開催いたします。国内・海外研修に興味お持ちの方、また本校に関心のある方、どなたでも視聴できますので、ぜひお越し下さい。

「国内・海外研修の報告会」

開催日:平成30年2月14日(水) 13:15~14:55

場 所:オイスカ開発教育専門学校

内 容:国内研修・海外研修の報告会

第一部 国内研修(農業)の報告

第二部 海外研修(国際協力)の報告

※昨年の報告会の様子です。

◆本校学生が国内研修先として、3週間ほど浜松市浜北区にあります「有限会社グリーンフィールド」様にもお世話になりました。

年末、年始とお忙しい時期にも関わらず研修させていただき、ありがとうございました。

「有限会社 グリーンフィールド」は、鈴木社長さんが2003年から脱サラで始めた農業生産法人です。管理会計を導入した経営を特徴として成長を続け、現在ではブロッコリーとオクラの生産量は県内トップになるなど大きく発展しています。

総面積は約24ha(露地)、スタッフ数は10名の役員・正社員を核に総勢約30名、量販店への直販が主体としています。

学生を直接ご指導いただいた鈴木社長さんは農業経営士(※)として人材育成にも活躍されています。

※農業経営士は、地域農業者の目標像となり、指導的役割を果たしている県認定の農業者です。

 

 

オイスカ開発教育専門学校 > 新着情報 > 国内研修・海外研修の報告会を開催します!

ページの先頭へ戻る