JA三ケ日のみかん選果場を見学しました!

JA三ケ日のみかん選果場を見学しました!

photo:the_title()

みかん収穫実習の後、JAみっかびミカンの選果場の視察研修を行いました。JAみっかびでは、最新鋭の光センサー選果機導入し、世界に誇れる新たな三ケ日ミカンのブランド作りと、消費者ニーズの多様化に対応する更なる基盤の強化を図っているそうです。

選果場_191210_0003-1選果場_191210_0005-1

三ケ日にある1,000余りのみかん農家の内、800以上の農家が出荷するという選果場は、大きな工場のようです。建物の中には、各種センサーが接続されたコンピューターで制御されたベルトコンベヤーがあり、その上を沢山のみかんが流れて自動的に選別されていきます。総床面積は15000平方㍍、選果能力は一時間に70㌧のミカンを処理することができます。

選果場_191210_0012-1選果場_191210_0019-1

IMG_0287-1

自動荷下ろし装置や、自動箱詰めなど、効率化が図られている工場を見学することで、新しい発見や学びがたくさんありました。ありがとうございました!

オイスカ開発教育専門学校 > 新着情報 > JA三ケ日のみかん選果場を見学しました!

ページの先頭へ戻る