籾摺り機で、玄米に! 

籾摺り機で、玄米に! 

photo:the_title()

今朝は学校に残っている2年生と、研究生の2名で籾摺りをしました。先日、2年生が研修に出る前に、専門学校の生徒総出で稲刈りをしました。コンバインで脱穀し、すぐに乾燥機に入れて乾燥。水分量の多いままにしておくと変質してしまうため、脱穀後すぐに乾燥させます。水分量が14.5~15%ぐらいになるまで乾燥させます。また、乾燥させることで固くなり、籾摺りのときに砕けにくくなるそうです。

P1280912

これが乾燥機です。

P1280909-1P1280910-1

学生たちが、籾摺り機をセッティングしています。乾燥機から出る籾を籾摺り機に入れて稼働させると、籾は籾殻と玄米になって出てきます。

P1280913-1P1280915-1

P1280916-1P1280919-1

玄米(写真左)と籾殻(写真右)が出てきています。

こうして本校の学生たちは、稲作についてすべてを学び、必要な技術を習得していきます。

オイスカ開発教育専門学校 > 新着情報 > 籾摺り機で、玄米に! 

ページの先頭へ戻る