「オイスカ海岸林再生プロジェクト」特別講義

「オイスカ海岸林再生プロジェクト」特別講義

photo:the_title()

併設するオイスカ高校3年生のワールドキャリアコースの生徒さんと本校の学生たちと一緒に「オイスカ海岸林再生プロジェクト」特別講義を行いました。プロジェクトの担当者であるオイスカ本部 普及啓発部長 吉田俊通氏が講師として来校してくださいました。

 

【プロジェクトの概要】

東日本大震災による津波で、宮城県名取市の生活インフラである海岸林が奪われました。NGOオイスカは、約100haの再生を目指し、 地元の被災農家の雇用を創出する「名取市海岸林再生の会」を支援。2020年までにクロマツ植栽を完了させる長期プロジェクト事業で、2033年まで除伐などの育林作業を行います。

IMG_3492-1

吉田さんは、プロジェクト活動について、内容の濃いお話を笑いも交えながら話してくださいました。学生たちは、東北被災地での教訓や復興状況、今後の海岸林管理の計画についても話を聞くことができました。メモを取りながら熱心に聞き入っていました。吉田さんのお話が直接聞けるという事で、研修先のオイスカ中部日本研修センターからわざわざ駆けつけた学生もいました。最後は、質疑応答の時間もいただき、実りの多い時間を過ごすことができました!ありがとうございました!

吉田さんは、今後はこのプロジェクトのエッセンスを世界各国に伝え、その仲間と共にEco-DRR(森林などの生態系を活用した防災・減災)やSDGs達成への活動に活かしていくそうです。

20201030132528_00001-1

※「海岸林再生プロジェクト」と吉田さんの活動については、NGOオイスカが発行している2020年8月発行の「OISCA 」誌でも紹介されています。

オイスカ開発教育専門学校 > 新着情報 > 「オイスカ海岸林再生プロジェクト」特別講義

ページの先頭へ戻る