日程とお申し込みはこちらWEBオープンキャンパス

フィリピン人実習生との交流授業③

フィリピン人実習生との交流授業③

photo:the_title()

2限目は、いよいよ、フィリピン人実習生の方をお迎えしての交流授業です。普段学んできた英語や、1限目の自己紹介の練習の成果は発揮できるのでしょうか。
交流授業①-1交流授業②-1
一人ずつ交互に自己紹介をしました。フィリピンの方の自己紹介のときには、その方の出身地を地図で探していました。日本人の学生はさっき練習したフィリピン語(タガログ語)で自己紹介をしました。もう何も見なくてもスラスラ言える学生もいました!覚えきれなかった学生もメモを見ながら頑張りましたよ!コミュニケーションで大切なのは、自分なりのスピードで相手に伝えようという思いと、相手を理解しよういう熱い気持ちだと再認識しました。

自己紹介の後は、文化の違いについてディスカッションし、最後は日本の歌、フィリピンの歌を歌って締めくくりました。あっという間の1時間でした。

 

オイスカ開発教育専門学校では、農業や国際協力を実践的に学ぶ機会がたくさんあります。今回のような実習生の方との交流以外にも、本校へ2~3週間の短期留学でやってくる学生とも交流します。短期留学生は、1年間に4、5回来校予定です。そして、2年間の在学中で1番大きな行事は、2年次の海外研修です。海外研修は、4か月間フィリピン等にあるオイスカの研修センターで研修を行ないます。個々の希望に応じて、研修期間を変えられます。最長では、夏休みと併せて、6カ月間の研修する学生もいます。

海外研修②-1海外研修③-1

オープンキャンパスでは、このような海外研修の魅力についてもお伝えしますので、興味のある方はぜひご参加ください。

https://shingakunet.com/gakko/SC005154/openCampus/

オイスカ開発教育専門学校 > 新着情報 > フィリピン人実習生との交流授業③

ページの先頭へ戻る